faq

よくあるご質問

faq
伴走型コンサルティングとはどのようなものですか。

ダッシュボードなどの形ある成果物の納品をゴールとするのではなく、業態や組織ごとに異なるビジネス課題の洗い出しから、意思決定につなげるための、ダッシュボード上での最適な可視化方法をご支援します。
また、企業規模やBIシステムの活用目的に応じた共有方法や社内浸透のためのナレッジ提供、最終的に自走化していただくための、利用促進や自走化のためのトレーニングコンテンツのご提供も行っています。

アタラはどのような支援をしてくれますか。

BIシステム活用に向けて、ビジュアライズ目的や可視化したい指標、課題をコンサルタントがヒアリングし、最適なツール活用のための導入、各種データの収集方法や掛け合わせ方について、ご支援します。
データ収集・連携などの技術領域を担当するテクノロジーコンサルタントと、ビジネス課題の洗い出しからBIシステムの活用方法、定着支援のノウハウを持つストラテジーコンサルタントの最低2名体制で担当させていただきます。

プロジェクト化に際し、事前に気を付けておくべきことがあれば教えてください。

伴走型でのプロジェクトの成功にあたっては、主体性が最も重要となります。
長期的なデータ活用を目指す上では、経営課題の確認、関係部署との意見調整、既存データの把握など、お客様に主導権を執っていただきたい点も少なくありません。
正しく役割を確認・相談させていただき、プロジェクトチームを組ませていただきたいと考えております。

予算・スケジュール期間を教えてください。

お客様の課題内容やデータ構成等によって変わってきますので、まずは、お気軽にお問い合わせください。

BIを導入すると、どのようなインパクトが期待できますか。

定量的データに基づいた、全社での課題発見、対応策の検討、将来の予測、対応が可能となります。
また、それらのデータの作成、可視化までを自動化することにより、意思決定までのスピード向上も実現できます。
https://bi-consulting.atara.co.jp/case/

BI導入事例をおしえてください。

お客様の課題に合わせて事例を整理していますので、以下のページを参照ください。
https://bi-consulting.atara.co.jp/case/